ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2017.5.15

HOME » 当協会について » マスコミの皆様へ » ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2017.5.15

***********************************
ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2017/05/15

************************************

このメールニュースは、配信登録してくださったマスコミ関係者の方、当協会員が名刺交換をさせていただいた記者の方などにお送りしています。

 

■大阪湾生き物一斉調査に参画します

大阪湾の年に一度の健康診断「大阪湾生き物一斉調査」が今年も開催されます。

この調査は、大阪湾沿岸で活動する様々な団体が参加して、各地の生き物を一斉

に調査する取り組みです。それぞれのフィールドでは、おとなも子どもも一緒に

なって、水辺の生き物を「探して」、「発見して」、「採集して」、「名前を調べて」

もらいます。当協会では、今年は4つの地点の生き物調査に取り組みます。

→ http://www.nature.or.jp/observation/all_osaka/osakawan-cyousa.html

 

 

■本山寺の森林(もり)とお寺の歴史勉強会 5月28日に開催します

東海自然歩道で有名なポンポン山の中腹に位置する「本山寺の、モミ・ツガ・アカガ

シ林」。大阪府自然環境保全地域に指定されている、この貴重な森林がいま危機に陥っています!何が起こっているのか?私たちに何が出来るの?森を散策し、お寺の歴史を学び、貴

重な森林のあるべき姿をともに考え、行動しましょう。

 →http://www.nature.or.jp/action/honzanji/

 

 

■「都市と自然」掲載記事を2つ紹介します

・特集「若者の社会貢献活動への参画」(2017年4月号から) 

昨今、私たち環境団体のみならず、どこの団体でも若手の不足が一つの課題になっています。どうすればいいのか?団体を担っている「年寄」もそれなりに考えて手を打っているようですが、それが相手の若者の心に響いているか?

長年、学生さんのボランティア活動に関わってきた、これもまだ20歳代の若者が書く「現代若者へのアプローチの手引き」です。

 →http://www.nature.or.jp/about/magazine/2017/201704/

 

・あんなことこんなこと「自然保護と自然観察会・私の思い」(2017年5月号から)

観察会便り「観察会をとおして、淀川の自然を観る・考える」いずれも地域の観察会の担当者の熱い想いです。地域に密着して、地域の生きものを知り、それを周囲に伝えていく、地域に根を張り、地域の価値を見つけ発信していく。これが地域観察会の神髄といえます。

自然保護の原点支える大事な活動が述べられています。

 →http://www.nature.or.jp/about/magazine/2017/201705/

 

 

メールニュースの記載記事にご質問や関心をお持ちになったら、ぜひお問い合わせください。配信を希望されない場合は、大変お手数ですが、下記へご連絡ください。

 

************************************
上記の件についての取材、お問い合わせは、
公益社団法人 大阪自然環境保全協会 (担当 岡 )
〒530-0041 大阪市北区天神橋 1-9-13 ハイム天神橋202
電話 06-6242-8720  FAX 06-6881-8103
Email office@nature.or.jp URL http://www.nature.or.jp/
************************************

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然