2018年10月活動報告

10月の月間メモリー

10月6日、この日は歌垣SATOYAMA楽舎の一周年記念の集まりでした。楽舎前で自己紹介から始めます。

午前中は楽舎の隣家にあるクリ園。台風で倒れた木や折れた枝の整備作業をしました。

午後からは楽舎一年間の振り返りをしました。説明する金谷副会長。のべ32回の活動に251名の参加がありました。

10月20日、インターン生である2名の大学生の参加で小早川クリ園の整備作業をしました。

インターン生が楽舎で薪割体験、がんばりましたが思ったようには割れませんでした。

古民家に干し柿は定番です。これで100個程。柿の木にはまだまだたくさんの柿が残っています。

10月22日は空の会の第3回定例会で27名の参加がありました。芋ほりやゴマの実選別の作業に汗を流しました。昼食は栗ご飯、豚汁、マコモダケの天ぷらをみんなで手作りしました。お腹いっぱい!

10月に入り、マコモダケの収穫がピークを迎えました。これで28㎏の収穫です。

道の駅「くりの郷」へ出荷してみました。ひと月で100袋近く完売しました。農作物の販売なんて、人生初です。

歌垣SATOYAMA楽舎のトップページに戻る

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然