2018年12月活動報告

12月の月間メモリー

三草山の保全活動に参加しました。南への眺望は紅葉も素晴らしく圧巻でした。画面にマウスオンで昨年の豪雨で起きた山崩れが見れます。

畑の横に野積みした籾殻の上に!!画面のマウスオンで見えるのは・・どうもキツネの糞の様です。

今月の第3土曜は「歌垣銀寄栗の森」でネザサ刈の活動です。今回はインターンの大学生3名が参加してくれました。2019年から協会と大阪みどりのトラストとの協働で保全活動が始まります。

何年も刈られたことのないネザサにはかなり手こずりました。画面にマウスオンで小学校の校舎が見えるようになった様子が見れます。

崖の下からも大鎌でネザサを刈っていきます。作業の後は楽舎で忘年会(画面にマウスオン)を開き作業を労いました。


暖かい朝にはきまって近くの畑も霞むくらいの濃い靄がたち込めています。夕刻に濃い靄があると夕日がうずもれてしまい幻想的な眺め(画面にマウスオン)

30日に餅つきを開催!一斗のもち米で9臼。つきたての丸もち(画面にマウスオン)あんこやきな粉で。黒豆入り、ヨモギ入り、エビ入り餅。トン汁と大根炊きが好評でした。

餅つきの後は忘年会に突入!畑で抜いた大根(画面にマウスオン)はお土産に。この冬は50本程収穫出来ました。

寒波襲来で一度だけ雪が積もりました。雪かぶりの南天の赤が冴えています。画面にマウスオンで霜がついたロゼット。

歌垣SATOYAMA楽舎のトップページに戻る

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然