春の里山へカブトムシをさがしにいこう!

HOME » 自然観察会 » 自然体験プログラム » 春の里山へカブトムシをさがしにいこう!

概要

自然を活かし、自然と共生するやり方で農業をしている畑が会場です。農薬を使わないから生きもの達で賑わうという「里山作り」を学びながらカブトムシの幼虫を採集して育てようという企画です。

プログラムは以下の通りです。

■ 春の里山でカブトムシを探してみよう
畑周辺を散策しながら、カブトムシの幼虫を探します。どんな場所にいるのかな?
有機農法で栽培している畑なので、安心して土にふれていただけます。
■ カブトムシが暮らす場所と農業との関わりについて知ろう
里山は手つかずの自然とは違って、畑や田んぼをしてきたからこそ維持されている自然です。
有機農法でこだわりの野菜作りをしている農家さんから、畑の自然や生きもののお話を聞きます。
■ カブトムシの快適なすみかを作ろう
飼育ケースに入れたカブトムシの幼虫を持ち帰り、成虫になるまでを観察していただけます。
育て方のポイントもしっかり伝授します。成虫との出会いが楽しみだね。

2018.3.24(土)実施の様子

穏やかに晴れた春の気候の下、10組約30名の親子連れの方々にご参加いただきました。有り難う御座いました。

実施前の挨拶と説明の様子

初めは自由にカブトムシの幼虫の居そうな場所を探して貰いましたが早くも場所に気付いて皆で掘りだしました

大きなカブトムシの幼虫に嬉しそうな少年☆

沢山掘り出して地上に並べられた幼虫と手に持った幼虫を見て嬉しそうな少年☆

カブトムシの幼虫のオスメスの見分け方の説明に参加者の皆さんは興味津々

農地利用の説明に耳を傾ける子供たち。実はこの堆肥は竹を粉砕して作っているんです

農地利用の説明後の質問コーナー

短い時間でしたが有り難う御座いました。

次年度もバージョンアップして開催予定です!

羽化の知らせが届きました☆

2018.6.22にカブトムシが成虫になり、早速観察記録を送ってくれた参加者の方がいらっしゃいました。

特徴を掴んでいて、素敵な観察記録になりましたね!

ご提出有り難う御座いました。後日、素敵なプレゼントと共に返送致します☆

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然