第14期第36回講座 哺乳類

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第14期 講座アルバム » 第14期第36回講座 哺乳類

 

第36回講座 哺乳類   (2017.2.15)

講座内容

哺乳類のフィールドサインによる生息調査法

講師

早川 篤(大阪市立天王寺動植物公園学芸員/大阪自然環境保全協会理事)

場所 豊能町・青貝山周辺

「今日、野生動物に出会うことはありません。動物の痕跡(フィールドサイン)から生息状況を掴めるようになることが大事です。」との話で早川先生の講座が始まった。

青貝山近くの林に入り、足跡やフン、ヌタ場などのフィールドサインを見ながら、野生動物の生息状況を学ぶ受講生。

けもの道を見て、野生動物は人間とは違う経路を移動することも学ぶ。写真の上にマウスを置くとけもの道が見える。

木に泥を擦りつけた跡はイノシシのフィールドサイン。写真の上にマウスを置くと擦りつけた跡が見える。

糞を発見。果実の種が入っていることなどからテンの糞と分かる。写真の上にマウスを置くと糞が見える。

昼食後、先生持参の標本を見ながら、シカ、イノシシ、ネズミ、テン、ウサギ、モグラ、コウモリなどの特徴や生態の説明を聞く。

シカとイノシシの足の構造や特徴を学ぶ。写真の上にマウスを置くとシカ(上)とイノシシ(下)の足が見える。

それぞれの動物の毛にも特徴があることを学ぶ。テン(写真)やウサギ、モグラなどの毛の感触の違いも分かった。

コウベモグラ。前足が穴を掘るのに適した構造に進化している。写真の上にマウスを置くと進化した前足の骨格が見える。

一覧に戻る

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然