第15期第21回講座 植物②

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第15期 講座アルバム » 第15期第21回講座 植物②

第21回講座 植物②  (2017.10.4)

講座内容

どんぐりなどの樹木の実や秋の草花を観察

講師

木村 進(大阪府立泉北高校教諭、大阪自然環境保全協会理事)

場所 鴨谷台公園から光明池周辺/ファインプラザ大阪 第4研修室

「秋は実りの季節、種の散布につて観察しましょう!」という話で木村先生の講座が始まった。

さっそく緑地の土手を観察。→マウスを写真の上に置くとアレチヌスビトハギが見える。葉が3枚セットの場合は豆の仲間が多い。

コナラの木と昨年と今年落ちたどんぐり、その中で芽を出したどんぐりも見られる。

イタドリは雌雄異株で、この写真は雌花。草のなかでは雌雄異株はめずらしい。



これはワラビで葉の縁に胞子ができる。→マ ウスを写真の上に置くとその胞子が見える。

光明池の堤防には日本在来の植物が多くみられる。→マウスを写真の上に置くとワレモコウが見える。

午後からはファインプラザ大阪の研修室に移動しての講義。→マウスを写真の上に置くと「植物の生活史」の図が見える。

種子の散布型には4タイプある。→マウスを写真の上に置くとフタバガキの種子が見える。

最後にどんぐりの特徴を書いた資料を参考に、どんぐりの同定を行った。→マウスを写真の上に置くとどんぐりの特徴を書いた資料が見える。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然