第15期第35回講座 保全活動の実践③

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第15期 講座アルバム » 第15期第35回講座 保全活動の実践③

第35回講座 保全活動の実践③   (2018.1.31)

講座内容

班活動・作業実施

講師

佐藤 治雄(自然環境市民大学代表講師/大阪府立大学名誉教授)

田淵 武夫(富田林の自然を守る会代表/大阪自然環境保全協会理事)

場所 奥の谷(富田林市)

保全活動の実践3回目。作業前、班ごとに今日の活動内容を確認する。

作業は安全第一。KYKボードで、気をつけることを確認して、作業に入る。

2班:階段を整備し、雨水を左に逃がす水路を作る。雨水の水流は激しく、道を大きくえぐる。

2班:3本の杭を打って、長さ2mの丸太を固定する。土を入れて平らに整形し、階段を作る。

1班:まずは階段用の杭を作る。これは、ナタで斜めにカットして、杭を作っているところ。

1班:2人が組になり、1人が杭を支え、1人がかけやで杭を打つ。土を平らにして巾60cmの階段が1段できる。

1班:階段のサイドに丸太を置いて、土止めをする。もちろん丸太も杭で止めてある。

1班:31段の階段が完成。写真の上にマウスを置くと、作業前の斜面が見れる。階段のありがたさが分かる。

2班:2段の階段が完成。写真の上にマウスを置くと、10月の台風の雨水で大穴が開いていた作業前の状態が見れる。
ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然