第16期春夏コース第15回講座 信太山丘陵の保全

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第16期 講座アルバム » 第16期春夏コース第15回講座 信太山丘陵の保全

第14回講座 信太山丘陵の保全-湿地環境と植生(2018.8.22)

講座内容

信太山丘陵の自然と保全運動について学ぶ

講師

田丸 八郎(NPO法人 信太の森FANクラブ 理事長)

場所

午前:信太山丘陵の惣ヶ池湿地・草地保全地

午後:信太の森の鏡池史跡公園「信太の森ふるさと館」

よく晴れた空の元、惣ヶ池公園の入口で講座が始まった。講師は信太の森FANクラブの田丸八郎先生。

公園の中を歩く。陽射しは厳しいが濃い緑陰がありがたい。

アカマツの小枝。アカマツとクロマツの違いは、幹の色より触ってみた松葉の硬さで判断するそうだ。アカマツの松葉は触ってみるとやわらかい。

湿地のほとりで、一休みと水分補給。そして先生のお話を聞く。

緑豊かな惣ヶ池湿地。ここには守っていきたいたくさんの希少な生き物たちが生息する。

アギナシとオモダカはよく似ているそうだ。写真はオモダカ。

信太の森ふるさと館で、スライドを使った講義。信太山の成り立ち、乱開発から信太山丘陵の自然を守る取り組み、信太山丘陵の四季に見られる、さまざまな生物たちの紹介など。

シソクサの栽培。先生方が採取した種子を育苗業者に依頼して発芽・生育させたもの。悲しいことに、信太山湿地の希少な生物のいくつかが盗掘・盗採取にあっているという。希少生物の卵塊が丸ごと盗まれたことも。

「シリブカガシを守る会」の発足1983年から続く運動。先生「自然環境を守るためには一人でも多くの仲間を増やそう!」

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然