第16期秋冬コース第14回講座 保全活動の実践①

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第16期秋冬コース第14回講座 保全活動の実践①

第14回講座 保全活動の実践①   (2019.2.6)

講座内容

班活動・企画運営の実践・作業実施

講師

佐藤 治雄(自然環境市民大学代表講師、大阪府立大学名誉教授)

田渕 武夫(富田林の自然を守る会代表、大阪自然環境保全協会理事)

場所 奥の谷(富田林)


今日から本格的な保全活動の実践開始、でも朝から雨なので先にテントの中で作業手順を話し会った。→マウスを写真の上に置くと、1班のミーティングの様子が見られる。

2班では、危険予知活動表に「作業内容」「危険のポイント」「私たちはこうする」等を記入し安全に作業を行う事を確認した。


3班では竹林を間伐する事になり、その作業工程を確認した。

小雨になり2班は階段に使う材料を作り始めた。→マウスを写真の上に置くと、できた材料が見られる。


午後から雨が上がり、本格的な作業を開始。1班は人工林の間伐をする事になった。→マウスを写真の上に置くと、木の葉で覆われた鬱蒼とした人工林が見られる。


作業範囲に荒縄を張り計測した。→マウスを写真の上に置くと、木に一本一本取り付けたNOが見られる。直径も計り、赤のマジックで札に記入した。


2班は道をつける斜面の倒木や下草を整備した。→マウスを写真の上に置くと、近くで見つけたコクランが見られる。


3班はこの竹林の間伐を行う。→マウスを写真の上に置くと、竹の葉で覆われた上空が見られる。


田淵先生より倒れた竹を2点支持で切る場合のコツを教わる。→マウスを写真の上に置くと、折れた竹を切る様子が見られる。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然