第16期春夏コース第7回講座 植生調査から見えるもの

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第16期 講座アルバム » 第16期春夏コース第7回講座 植生調査から見えるもの

第7回講座 植生調査から見えるもの   (2018.5.23)

講座内容

前半:川の環境と植生に関する講義
後半:前回の植生調査資料を整理して群落区分を行い、各調査グループごとにまとめた結果と考察を発表

講師

福井 聡(一般財団法人日本気象協会)

場所 クレオ大阪中央

植生を識別することでその土地の特性が推測でき、自然環境の評価できることを学ぶ。今日は、前回の実習で取ったデータを分析する。

河川流域の植生の写真が見られる。右上から左回りの順で上流から下流へと景色が異なる。

 植生調査の意義とそれを保全活動にどう役立てていくかを学ぶ。

さっそく調査結果を元に話し合う受講生。

データをグラフ用紙に記入していく様子。細かい作業が続く。

最後に班で発表を行う。E班は3つの群落以外に見えてきた結果を発表した。

B班はデーターの記入の難しさを経験し表づくりに手間取った事を述べた。


群落組成表を作成している様子。今回の植生調査は種数が多く各班ともデータ記入に時間がかかり、最後の群落組成表を完成するには時間が足りなかった。
最後に、先生が作成した群落組成表を見る。その後組成表から見える土壌の水分量・硬度と草丈についてのお話が少しあった。
ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然