第16期春夏コース第14回講座 ツバメのねぐら入り

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第16期 講座アルバム » 第16期春夏コース第14回講座 ツバメのねぐら入り

第14回講座 ツバメのねぐら入り (2018.8.8)

講座内容 ①ツバメの生態②公共工事(巨椋大橋建設)で考慮された事項③ツバメのねぐら入を観察
講師

高田 直俊(自然環境市民大学代表、前大阪自然環境保全協会会長、大阪市立大学名誉教授)

場所 宇治川・向島(宇治市・観月橋付近)

宇治川の河川敷にて「この辺りは川の氾濫原で、昔は堤防がなかった。」との話から今日の講座が始まった。

洛南道路巨椋大橋の建設において、ツバメのねぐらの保護の為、橋の橋脚を9本から6本に減らした。(下が計画、上が実績)

ツバメ、イワツバメ、コシアカツバメ等、ツバメの種類や特徴の説明があった。

宇治川の堤防を歩いて観察地まで移動。

一番先に飛んで来たのはダイサギの群れ。彼らもねぐらに向っている。→マウスを写真の上に置くと拡大します。

ここがツバメがねぐら入りするヨシ原。8月中旬がピークで毎年3万羽前後がねぐら入りする。

7時ごろになるとたくさんのツバメが飛んで来るようになり、歓声を上げながら観察した。

上空を埋め尽くすツバメ。→マウスを写真の上に置くと拡大します。

ツバメのねぐら入りが終る頃、東の空に地球に大接近中の火星を見つけ、スコープで観察した。→マウスを写真の上に置くと火星が見られます。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然