第17期春夏コース第6回講座 植生調査の方法

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第17期 講座アルバム » 第17期春夏コース第6回講座 植生調査の方法

第6回講座 植生調査の方法   (2019.5.15)

講座内容

植生調査の方法とその実習(現地で「植生調査」の方法の説明後、グループに分かれて植生調査を4ヶ所行う)

講師

福井 聡(日本気象協会環境・エネルギー事業部 理学博士 )

講座支援
有川佳代子  富淑子 吉田ミドリ(共に市民大学修了生の会より)
場所 淀川右岸河川敷(淀川河川公園 十三野草地区)

今日は野外での植生調査、「どこにどんなものが、生えているか?調査しましょう」と福井先生の講座が始まった。調査記録用紙の記入方法等を教わる。

調査区域は1メートル四方で、まず見本区域での植生調査を全員で始めた。「この植物の名は?」植物名を教わる。合わせて計器類(水分計・土壌硬度計・傾斜度計等)の扱いも教わる。

淀川右岸の北向きの土手を第1植生調査区域として、ここからは4班に分かれて、各班毎に植生調査を実施する。この区域は「チガヤ」が多く生えている。

ここではまず、植物を見つけ名前を記入していく。傾斜地での調査は、足場に気をつけて行う。

次に土手の南側を第2植生調査区域として実施する。主に「シロツメクサ」が生えている区域だ。先生も受講者と一緒に植物を見つける。

場所を河原に移動して、第3植生調査区域。この場所は「シナダレスズメガヤ」が密生し、ほかの植物が見つけ難い。

第4植生調査区域は河川に一番近く、「ヨシ群落」と思われる場所。様子を見に来た佐藤先生も見守る中、植物の同定に懸命。

「ヨシ」等が林立する中での植生調査には手間取った。座り込み、草に分け入るといろいろな種類の植物が次々見つかる。

第1~第4までの植生調査を終わり、最後に先生との質疑応答。先生は身振り手振りを交えて答えてくれた。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然