ネイチャーおおさかは今年、設立40周年を迎えます

HOME » 当協会について » ネイチャーおおさかは今年、設立40周年を迎えます

公益社団法人大阪自然環境保全協会(愛称:ネイチャーおおさか)は、1976年の設立以来、40年間にわたりさまざまな活動を通じて、大阪の自然保護に努めてきました。今年は40周年を記念して、さまざまな記念事業を計画しています。40周年をにぎやかに盛り上げ、次の50周年に向けて羽ばたく年にしたいと思いますので、よろしくお願いします。

40周年記念事業

自然観察会スタンプラリー

当協会主催の自然観察会のうち、16の自然観察会グループが実施する観察会をめぐるスタンプラリーを企画しています。期間は4月1日から2017年3月31日まで。詳しくはこちら

ポスターコンクール「未来に残したい大阪の自然」

「未来に残したい大阪の自然」をイメージした「自然環境の大切さ」を伝えるポスターを募集します。(応募要項はこちら)
応募期間は2016年9月1日より10月15日まで。大賞1点3万円、優秀賞3点1万円ほか。プロアマ問いません。
※応募期間が終了し、39通の応募がありました。厳正なる審査の結果、12作品の入賞がきまりました。
→結果発表はこちら

「大阪の自然 photo今昔物語」

大阪の昔の自然、今のその場所はどうなっている?みなさんから、今と昔、同じ場所の自然環境の変化が分かる写真を募集します!
大阪の自然が写った40年前の写真と、同じ場所で撮影された現在の写真。大阪の自然の移り変わりがわかる写真を募集します。第1次締め切りは10月31日。ぜひ、古いアルバムを引っ張り出してみてください。詳しくはこちら

40周年記念シンポジウム

当協会の40周年を記念するシンポジウムを開催します。
2017年2月19日(日)開催。テーマは、「水でつながる自然と人のくらし」
嘉田由紀子氏・高田直俊氏の記念講演、および各活動の報告やパネルディスカッションなど。
お申し込みが必要です。詳しくはこちらから

里山農空間保全研究

里山保全といえば間伐など山の手入れのイメージが強いですが、田んぼや畑などの農空間も里山の重要な要素です。里山農空間を保全していく方法を研究します。

会報『都市と自然』データベース化

当協会の会報誌『都市と自然』は大阪の自然保護の貴重なデータベースです。現在WEB上では目次の検索しかできませんが、全ページのスキャニング作業を進め、データベースとして活用していきます。

『都市と自然』記念号

会報誌『都市と自然』の記念号を秋頃に発行する予定です。40周年ということで、皆様の投稿をぜひお寄せください。

企業40社への提案活動

当協会では様々な企業と連携した活動をしています。今後、企業との連携をますます深めていくため、大阪の企業40社への提案活動を実施します。

記念レセプション

協会40周年を記念するレセプションを開催します。
記念シンポジウムの項目をご覧ください。

協会WEBサイトのスマートフォン対応

当協会のWEBサイトをスマートフォンに対応させるバージョンアップを予定しています。

 

この他にも40周年を記念する事業のご提案を募集しています。また、上記記念事業をお手伝いいただくボランティアも募集中です。詳しくは、事務局までお問い合わせください。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然