ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2015.5.29

HOME » 当協会について » マスコミの皆様へ » ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2015.5.29

************************************
ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2015/5/29
************************************

このメールニュースは、配信登録してくださったマスコミ関係者の方、当協会員が
名刺交換をさせていただいた記者の方などにお送りしています。


■大阪湾生き物一斉調査に参画します

大阪湾の年に一度の健康診断「大阪湾生き物一斉調査」が今年も開催されます。
この調査は、大阪湾沿岸で活動する様々な団体が参加して、各地の生き物を一斉
に調査する取り組みです。それぞれのフィールドでは、おとなも子どもも一緒に
なって、水辺の生き物を「探して」、「発見して」、「採集して」、「名前を調べて」
もらいます。当協会では、今年は6つの地点の生き物調査に取り組みます。
詳細は→ http://www.nature.or.jp/observation/all_osaka/osakawan-cyousa.html

■当協会会長、夏原由博編著「にぎやかな田んぼ」新刊!

お米はこうしてつくられるなど基礎的なことから、「イナゴが跳ね、鳥は舞い、
魚の泳ぐ小宇宙」を調べた研究成果を分かりやすく紹介しています。「トキが棲
める田んぼをつくることによって救われるのは、トキではなく農家自身だ」の言
がピッタリです。「文化の破壊」の警鐘と、「人類の未来」への慧眼に!
詳細は→ http://www.nature.or.jp/news/20150527.html

■「都市と自然」5月号より(1)~「良好な草地環境を目指して」

生物多様性の重要性が言われて久しい。今回紹介の草地の保全活動はその一環で
す。里山に比較しても面積も小さく、今までそれほどの関心を持って見られてき
ませんでした。まだまだ、実験的な要素が強いですが、草地とそこに棲む生き物
の保全のための息の長い活動が始まっています。今、大阪周辺の各地で始まった
草地保全の活動を伝えています。
詳細は→ http://www.nature.or.jp/about/magazine/2015/201505/1souchi.html

■「都市と自然」5月号より(2)~「里山紀行」

保全協会の里山保全の歴史は、すでに20年を超えようとしています。地域に根
を張り、そこの里山景観を守る活動は大阪周辺で広がっています。それらを訪ね
て、人と歴史を探っていく里山紀行。1年間の旅日記の始まりです。
詳細は→ http://www.nature.or.jp/about/magazine/2015/201505/1souchi.html

会報誌『都市と自然』をご入用の方は、協会事務所にご連絡ください。


メールニュースの配信を希望されない場合は、大変お手数ですが、下記へご連絡く
ださい。今後とも当協会の活動に、ご理解、ご協力をたまわりますよう、よろしく
お願いします。

************************************
上記の件についての取材、お問い合わせは、
公益社団法人 大阪自然環境保全協会 (担当 岡 )
〒530-0041 大阪市北区天神橋 1-9-13 ハイム天神橋202
電話 06-6242-8720  FAX 06-6881-8103
Email office@nature.or.jp URL http://www.nature.or.jp/
************************************

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然