ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2015.12.21

HOME » 当協会について » マスコミの皆様へ » ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2015.12.21

************************************
ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2015/12/21
************************************

このメールニュースは、配信登録してくださったマスコミ関係者の方、当協会員
が名刺交換をさせていただいた記者の方などにお送りしています。

■大阪では半世紀ぶり!小さな海の宝石「ヒオドシウミウシ」を発見しました!
当協会の大阪湾ウミウシ観察会では、平成27年11月30日に実施した大阪湾ウ
ミウシ生息状況調査で、大阪府岬町長松海岸にヒオドシウミウシが生息している
のを確認しました。ヒオドシウミウシは、体の色が鮮やかな橙色で、体長約1cm
という小型のウミウシです。きしわだ自然資料館の柏尾翔学芸員によると、1950
年代以来、大阪府内で確認された記録はないとのことで、約50年ぶりの発見とな
りました。
http://www.nature.or.jp/observation/group/umiushi.html#hiodoshi

■「プロジェクト未来遺産」に全国カヤネズミ・ネットワークの登録が決定
当協会の畠佐代子理事が代表をつとめる全国カヤネズミ・ネットワークの取り組
みが、日本ユネスコ協会連盟の「プロジェクト未来遺産」に登録されることにな
りました。プロジェクト名は「京都桂川の生物多様性保全-カヤネズミのすむ
茅原を未来へつなぐ」
 →日本ユネスコ協会連盟 
  http://www.unesco.or.jp/mirai/news/2015/8771515000012.html
   
■タンポポ、在来種がじわじわと復権か?!
1975年以来、5年毎に行っているタンポポ調査の2015年分の結果の概要がま
とまりました。今回の府内の有効データは8369点で、このうち、外来種のタン
ポポ(雑種を含む)の割合は64.7%でした。1975年に36.2%だった外来種率は、
その後増加を続け、2005年に70.1%とほぼ倍増しましたが、その年をピークに、
2010年には68.7%、今回は64.7%と明らかに減少しています。また、花粉の顕
微鏡観察によって、雑種の中でも見かけが在来種であるタンポポの割合は、2005
年は4.9%、2010年は6.4%、2015年は8.4%と確実に増えてきています。泉北
ニュータウンや千里ニュータウン、茨木市などでは外見・花粉とも在来種である
ものが復活してきているという、うれしいニュースもありました。
タンポポ調査について詳しくお知りになりたい方は
→タンポポ調査・西日本2015 http://gonhana.sakura.ne.jp/tanpopo2015/

■本山寺自然環境保全地域を考えるリーフレットが完成
高槻市本山寺周辺の森は、モミ・ツガ・アカガシの天然林で、大阪では唯一の
まとまった暖温帯の植生で、その希少性による学術的価値から、大阪府によっ
て1978年に自然環境保全地域に指定されました。ところが近年シカが増加し、
その食害で森林が消失の危機に瀕しています。当協会では、自然保護活動の一
つとして「本山寺自然環境保全地域を考える協議会」を地元および関係諸団体と
立ち上げ、森とシカと人との共生を目指し活動しています。
http://www.nature.or.jp/action/honzanji/

■ナチュラリスト講座が、公開講座を実施
当協会の草分け的な主催講座「ナチュラリスト入門講座第40期」では、1月
に2回、公開講座を開催します。1月12日(火)には「野生動物と人との関
係」をテーマに高柳敦さん(京都大学・カモシカの会)、1月29日(金)には
「ニホンザルと人と自然の関係」をテーマに高畑由起夫さん(関西学院大学)
をそれぞれ講師としてお招きします。いずれも参加費800円、18:30~21:00
堺筋本町の大阪産業創造館にて開催します。
http://www.nature.or.jp/training/naturalist.html

■「都市と自然」11月号、12月号より~「生物多様性について」
二ヵ月連載の「特集 生物多様性について」は、分かりにくい「生物多様性」
について、当協会理事でもある大阪府立大学の藤原先生が やさしく解説しま
す。特に12月号での里山や草地、棚田保全などでの事例紹介は、関心のある
方には必読といえます。
→ http://www.nature.or.jp/about/magazine/2015/201511/
http://www.nature.or.jp/about/magazine/2015/201512/

■年末年始の事務所休業
12月29日(火)より1月3日(日)まで、事務所を休業いたします。

今年も大変お世話になりました。来年は、保全協会創立40周年を迎えます。
今後とも当協会の活動にご理解ご協力をたまわりますよう、よろしくお願いいた
します。

メールニュースの配信を希望されない場合は、大変お手数ですが、下記へご連絡
ください。
************************************
上記の件についての取材、お問い合わせは、
公益社団法人 大阪自然環境保全協会 (担当 岡 )
〒530-0041 大阪市北区天神橋 1-9-13 ハイム天神橋202
電話 06-6242-8720  FAX 06-6881-8103
Email office@nature.or.jp URL http://www.nature.or.jp/
************************************

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然