ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2017.7.5

HOME » 当協会について » マスコミの皆様へ » ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2017.7.5

***********************************
ネイチャーおおさか 自然保護メールニュース 2017/07/05
************************************

このメールニュースは、配信登録してくださったマスコミ関係者の方、当協会員が名刺交換をさせていただいた記者の方などにお送りしています。

ーーーーーーーー

■今年も府内8所で「セミ羽化ウォッチング」を開催
真夏の夕方、セミの幼虫が木を登っていき、華麗な変身を遂げる様子、この小さな生命の力強さに、おとなも子どもも必ず見入ってしまいます。家族で体験する「セミ羽化ウォッチング」では、セミの話を聞きながらきっと何倍も楽しいものになるでしょう。今年も当協会では、家族で楽しめるセミ羽化の観察会を府内8ヵ所で実施。夏休みの自由研究にぴったりの特製「かんさつノート」を進呈します。地域でセミ羽化観察の指導をしたい、という方には、指導者講習会も開催していますので、くわしくは協会にお問い合わせください。
  →http://www.nature.or.jp/observation/all_osaka/cicada/

■国際環境映像祭入賞作品上映会「第5回 生きている地球の記録in大阪」
いま世界では、地球環境問題をどういう視点から捉え、映像化しているのでしょうか。当協会では三菱UFJ環境財団等と共催し、2017年グリーンイメージ国際環境映像祭で入賞した、フランス、ドイツ、そして日本からの3作品を加えた5作品を一挙上映します。上映作品の中には、海ごみのマイクロプラスチック問題や、気候変動の影響で消えてゆくスイスアルプスの氷河など、今話題の環境問題のドキュメンタリーも。8月27日10時15分から16時35分まで。大阪歴史博物館4階講堂にて。入場無料。18日までに参加申し込みを。先着300名。詳細・タイムスケジュールは
  →http://www.nature.or.jp/cooperation/2016chikyu_film.html

■大阪市生物多様性地域戦略の策定に要望書提出
全国の政令指定20都市の中で「生物多様性地域戦略」未策定の5市に入っている大阪市が、同戦略の策定を市環境審議会に諮問しており、当協会は6月、策定に関する要望書を、吉村市長や環境審議会会長、同生物多様性部会各委員に提出しました。
要望書では、①生物多様性の「実態把握」と「行動計画」策定を官民学連携・協働によって取り組み、そのための協働・連携による「体制づくり」を進めていくことを明記すること ②地域戦略の目標など「定めるべき要件」を明記した戦略とすること―などを求め、生物多様性・自然環境資源として約60地点・エリアを具体的に掲示しています。ご取材は、当協会の生物多様性推進委員会へ。
  → http://www.nature.or.jp/action/teigen/oskseita20170616.html

ーーーーー

メールニュースの記載記事にご質問や関心をお持ちになったら、ぜひお問い合わせください。配信を希望されない場合は、大変お手数ですが、下記へご連絡ください。

************************************
上記の件についての取材、お問い合わせは、
公益社団法人 大阪自然環境保全協会 (担当 岡 )
〒530-0041 大阪市北区天神橋 1-9-13 ハイム天神橋202
電話 06-6242-8720  FAX 06-6881-8103
Email office@nature.or.jp URL http://www.nature.or.jp/
************************************

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然