2017年度(第15期)受講生募集要項

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 2017年度(第15期)受講生募集要項

自然や自然保護の知識を学んだり活動を体験し、様々な保全活動に実践的に取り組む人材の養成講座「自然環境市民大学」の受講生を募集しています。生き物や自然環境の問題に関心のある方は、是非、ご応募下さい。

●2017年度(第15期)の講座内容は → 2017年度(第15期)講座予定表 

●講座の様子を知りたい方は → 第14期講座アルバム

●インターネットによる受講申し込みはこちらから → 2017年度(第15期生)申し込みのページ

●募集リーフレットをご覧になりたい方はこちらから  → 2017年度(第15期生)募集リーフレット  

受講生 募集要項

受講料 60,000円

受講料の分割納入については 事務局 とご相談下さい。

このほか、受講に要する交通費、保険料(300円程度)、講座以外に懇親などの機会を設ける場合の参加費等の諸費用は自己負担です。

定 員

30人程度(先着順:定員に達しましたら締め切ります。)

期間・講座回数

期 間・回 数

開講式の2017年4月5日(水)から修了式の2018年3月7日(水)まで40回(特別講座1回を含む)

保全協会の諸活動に自主的に参加・体験する事もできます。

日 時 原則として水曜日の午前10時~午後3時30分ごろまで、月3回程度行ないます。40回の講座の内、土曜日の講座が6~7回あります。

申込み開始と締切

2016年11月より開始し、2017年3月末まで受付けます。

講座のねらい

この通年講座では室内および野外での体験的講座を通じて動植物や生態系とその保全の基礎を学び、自然環境の調査・保全、市民への普及啓発、行政への政策提言など広く自然環境の保全に関わる人材の育成を目指しています。

  • 生き物や自然環境の問題に関心のある方
  • 自然保護の知識を学び、実地での活動体験に興味のある方
  • さまざまな保全活動の実践的取り組みをしたい方 是非ご応募下さい

修了すると・・・・

  • 保全協会の「自然環境保全リーダー」として登録いたします。登録されると、さまざまな保全活動や調査などに取り組んでいただけます。
  • また、修了生の会「空の会」などで継続して楽しく活動できます。

一年間、いっしょに自然について考えませんか。自然環境の保全について学び、取り組んでみませんか

講座の内容

カリキュラム

2017年度(第15期)の予定内容ですが、講師のご都合などにより変更の可能性もあります。第15期講座予定表はこちらから 

  • 開講式/自然と親しむ:1回
  • 自然のしくみの理解:3回(生態学)
  • 自然・生き物を知る(分類・観察など)
    植物:2回/昆虫:2回/干潟の生き物:1回/野鳥:2回/ほ乳類:1回/両生・は虫類:1回/磯の生き物:1回
    水田:1回/土壌・物質循環:1回/淀川の河川環境:3回/野生動物との共存:1回/湿地の生き物:1回
    森里川海連環:1回/金剛山の自然:1回/キノコ・菌類:1回
  • 活動の体験・実習
    里地・里山の保全活動:2回/地域の保全活動:1回/植生調査法:2回/保全運動:1回/野外活動:1回
    安全対策講習会:1回
  • 活動の実践
    保全活動の体験・実習:5回/協会の活動紹介と協会活動への参画:何度でも
    (里山里地の保全、観察会、調査の企画・運営など)
  • 修了式・記念講演会:1回

会場・フィールド

午前中は室内講義、午後フィールドでの実習を基本としています。

  • 室内講座
    アネックス法円坂など大阪府内の会場(室内講座と野外を組み合わせる場合、室内講座はフィールド近くの会場で行ないます)
  • 野外講座
    北摂丘陵(五月山公園、妙見)/淀川/長松海岸(岬町)/男里川(泉南市)/奥の谷(富田林市)/信太山(和泉市)/奈良公園/甘樫の丘など、大阪府内や近県のフィールド

講 師

伊藤 孝美 大阪府農業大学校講師 (森林生態学)
河合 典彦 大阪市立中学校教諭、国土交通省淀川環境委員会委員
木村    進 大阪府立高校教諭 (生物学) 保全協会理事
佐藤 治雄 大阪府立大学名誉教授 (植物生態学)
澤畠 拓夫 近畿大学農学部環境管理学科 里山生態学研究室准教授(土壌生態学、動物生態学、菌類学)
杉本      博 NACS-J自然観察指導員大阪連絡会代表
関     優 関環境調査研究所代表 山階鳥類研究所標識調査員
高田 直俊 大阪市立大学名誉教授(土木工学)/市民大学代表
田口 勇輝 NPO法人日本ハンザキ研究所理事
田中 広樹 海のふしぎ観察会代表 保全協会理事(副会長)
田中 正視 男里川干潟を守る会顧問 大阪府自然環境保全指導員
田渕 武夫 富田林の自然を守る会代表 保全協会理事
鳥居 春己 奈良教育大学特任教授(野生動物管理学、環境教育)
中川 勝弘 五月山グリーンエコー代表 大阪府自然環境保全指導員
中谷   憲一 高槻市立自然博物館研究員 昆虫写真家
夏原 由博 名古屋大学環境学研究科教授 保全協会理事(会長)
田丸 八郎 NPO法人信太の森FANクラブ 理事長
早川    篤 大阪市立天王寺動植物園学芸員 保全協会理事
福井    聡 一般財団法人日本気象協会
藤原   宜夫   大阪府立大学生命環境科学研究科教授 保全協会理事
松下 美郎 大阪府立環境農林水産総合研究支援室 審議役

ほか

(50音順・敬称略:第12期講師陣ですが、先生のご都合により変更の可能性もあります。)

講座風景

(第14期の講座風景は協会HP内「自然環境市民大学アルバム」をご覧下さい。第5~13期の様子もご覧になれます。)

  「昆虫②」(第11期:葛城の道付近) 「淀川の河川環境」
(第11期:大阪市・十三干潟における生物調査)
「植生調査法」(第12期:淀川堤防)

お申込み方法

第15期受講申込みのページの内容に従ってお申込み下さい。

お問い合わせ先

 公益社団法人 大阪自然環境保全協会 市民大学係
 〒530-0041 大阪市北区天神橋1丁目9番13号 ハイム天神橋202号
 TEL:06-6242-8720  FAX:06-6881-8103
 ホームページURL: http://www.nature.or.jp 
 E-mail アドレス:shimin@nature.or.jp (問合せ入力フォームはこちら

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然