第17期春夏コース第13回講座 淀川のワンド群における自然再生

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第17期 講座アルバム » 第17期春夏コース第13回講座 淀川のワンド群における自然再生

第13回講座 淀川のワンド群における自然再生の取り組み(2019.8.3)

講座内容

「淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク」の活動見学と淡水魚の観察と解説

講師

河合 典彦(国土交通省淀川環境委員会委員)

場所 城北ワンド群から赤川ワンド

菅原城北大橋の下で、河合先生より城北ワンドと「淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク」の保全活動について説明をうける。背景には、みお筋が固定されているために樹木が成長した樹林が見える。写真の上にマウスをおくと、イタセンパラ保全の啓発ポスタ―がみられる。

地曳網を使った外来魚駆除の様子。

捕獲した魚を、外来種と在来種に分類している様子。写真の上にマウスをおくと、捕獲したブルーギル、オオクチバスなど特定外来生物が見られる。

捕獲した魚の観察と、河合先生の解説を聞く様子。外来魚駆除の活動により、在来魚の種類と数が徐々に増えている。写真の上にマウスをおくと、在来種の同定をしているところが見られる。

イタセンパラの産卵に必要な二枚貝。写真はイシガイ。大型げっ歯類ヌートリアによる食害で、イタセンパラへの影響が懸念されている

捕獲された、絶滅危惧種ⅠA類のイタセンパラ。ワンドに復活しつつある。

ワンド周辺に生えるヨシ、オギなどの植物の解説を聞く。写真の上にマウスをおくと、セイタカヨシが見られる。葉がピンと上を向いているのが特徴。

ミズヒマワリ。かわいらしい花だが、繁殖力旺盛で特定外来生物に指定されて栽培・移動が規制されている。



赤川鉄橋下の再生赤川ワンド。写真の上にマウスをおくと、ひざ下ぐらいまでの水位であることがわかる。このような浅瀬が、魚の産卵や稚魚の成育の場となっている。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然