第17期秋冬コース第7回講座 「土壌調査」-森林における物質循環- 

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第17期 講座アルバム » 第17期秋冬コース第7回講座 「土壌調査」-森林における物質循環- 

第7回講座 「土壌調査」-森林における物質循環-  (2019.11.20)

講座内容

植物が生育するために必要な土壌とはどのようなものか。

 午前:森林土壌の実際についての講義
 午後:実習   断面調査により森林土壌の様子を観察

講師

伊藤 孝美(大阪府農業大学校元講師)
田渕 武夫(富田林の自然を守る会代表、大阪自然環境保全協会元理事)

場所 午前:門前屋旅館(滝谷不動前) 午後:富田林市 奥ノ谷

門前屋旅館にて伊藤先生の「森林及び環境にとって重要な土壌の話と土壌の診かた」の講義を受ける。森林生態系は、植物・動物・微生物・大気・光・土壌という環境全てが組み合わさって成り立っている。

土壌の違いによって、植物の生育も変わる。大阪では木の根も枝も横に広がっているが、関東平野ではまっすぐに伸びている。

熱帯雨林の大高木の多くは、薄い表層の土壌に立っていられるように板根を持っている。

午後からの土壌調査に向けて、土壌断面の診かたについて説明を受ける。



奥ノ谷の土壌調査の実習地へ向かう受講生。安全のためヘルメットを着用する。

3班に分かれて土壌断面を作るため、深さ1mの穴を掘る。根が張っているため、かなり重労働。

穴が掘れたら、断面を整形する。マウスを写真の上におくと、整形された土壌断面が見られる。

調査表に断面の絵を書き、みんなで相談しながら層の区分・土色・腐植の量・石礫の量・土性をを調べて記入する。マウスを写真の上におくと、土色帳を使って調べている様子が見られる。

各班ごとに、土壌調査の結果を発表する。先生からの講評で、ここは乾性褐色森林土であると説明を受ける。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然