第17期秋冬コース第9回講座「生物多様性と環境」

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第17期 講座アルバム » 第17期秋冬コース第9回講座「生物多様性と環境」

第9回講座「生物多様性と環境」  (2019.12.4)

講座内容

生物多様性と環境 ー進化生物学入門ー

講 師 木村 進(大阪自然環境保全協会理事、自然環境市民大学副代表、大阪府立泉北高校元教諭)
場 所 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター天満橋)セミナー室

「昨年度から生物の進化を中心にお話しています」と木村先生の講座が始まる。写真の上にマウスを置くと今日の講座の流れが分かる。

生物多様性には、遺伝子の多様性、種の多様性、生態系の多様性の3つを考えることが重要だと教わる。

種の多様性では190万種が確認されているが、実際には未発見の種も含めるともっと多いと考えられている。特に昆虫類が100万種で半分以上を占めている。 写真の上にマウスを置くと「遺伝子多様性の例」の説明図が見られる。

生態系の多様性を表す用語として「バイオーム」がある。ある気候条件の地域に生息する動植物の全体をさす言葉であり,最近の高校生物の授業で使われているとの話。写真の上にマウスを置くとバイオームと気温・降水量との関係がわかる。


「樹木の形態と種類分けの実習」で見分け方について説明がある。写真の上にマウスを置くと各グループに配られた「葉」が見られる。

午後は「生物の分類と系統進化」の講義。植物の多様な生殖方法について説明を聞く。

細胞の多様性についての説明を聞く。


午後の実習はキク科植物の系統樹を形態からと、DNAの塩基配列から作成して比較する。写真の上にマウスを置くと実習の様子が見られる。

最後に実習の結果について説明があった。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然