第17期秋冬コース第13回講座 里山保全-プログラムの企画・立案

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第17期 講座アルバム » 第17期秋冬コース第13回講座 里山保全-プログラムの企画・立案

第13回講座 里山保全-プログラムの企画・立案   (2020.1.29)

講座内容

企画・運営について 班活動の内容やスケジュールを相談、決定、活動

講師

佐藤 治雄(大阪府立大学名誉教授、自然環境市民大学代表講師)
田淵 武夫(富田林の自然を守る会代表、大阪自然環境保全協会元理事)

場所 奥の谷(富田林市)

午前中、田淵先生の説明のもと、まず先輩達が行った「炭焼き窯」を見学した。ここでは竹炭作りを行っている。マウスを写真の上に置くと、竹炭が見られる。

つつじヶ丘に通じる尾根に沿って進む途中で、開けた雑木林に遭遇する。もとはアカマツ・ヒサカキなどがあったが伐採して明るくなった。写真の上にマウスをおくと、その風景が見られる。

さらに尾根を進むと、左側に竹林(地権者とは未契約)がある。その竹の根が尾根を越え反対側へ伸び侵略してきている。写真の上にマウスをおくと、季節外れに咲いているツツジ。

坂を降りて行くと、昨年の受講生が間伐を行った実習地。急斜面での難作業であった 。写真の上にマウスをおくと、ヌタ場が見れる。粘土質がヌタ場に適していたようだ。

ここは伐採した木の保管場所、樹皮を剥き立て掛けている。 樹皮を剥かないと、虫が入り込んで中を食い荒らしてしまう。写真の上にマウスをおくと、虫が入っている状態が見れる。

午後からは、里山保全活動の企画・立案をして実習地を決める。1班が人数不足のため2班と合同で実施することに。その結果、古墳に通じる尾根で「野うさぎの径」から「フユイチゴの坂」への参道の整備・雑木林の雑草の刈取り・植物の名札付けなどを行うことになった。

実習地での作業分担・作業内容・植生調査(植物の名札付)・作業前後の確認方法などが話合われた。

実習地を確認するため、全員で再調査に向かった。同時に測量し作業範囲(10m四方)を決めた。

実習地は作業範囲の10m四方を、植生調査のために5m四方の田の字分けとし、杭・ロープ・スケール・カケヤを使って位置を決めた。マウスを写真の上に置くと、カケヤで杭を打ち込む様子が見れる。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然