第17期秋冬コース第17回講座 保全活動結果のプレゼンと相互評価

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第17期 講座アルバム » 第17期秋冬コース第17回講座 保全活動結果のプレゼンと相互評価

第17回講座 保全活動結果のプレゼンと相互評価 (2020.2.26)

講座内容

保全活動の結果発表と総評

午前 : 作業

午後 : 発表と総評

講師

佐藤 治雄 (自然環境市民大学代表講師/大阪府立大学名誉教授)
田淵 武夫 (富田林の自然を守る会代表/大阪自然環境保全協会元理事)

場所 富田林市 奥の谷

今日は保全活動の成果発表日。全員で準備体操をして、午前中は残っている作業から始める。

観察路の樹木につける名前プレートを作製している様子。

作業実習地にたてる看板の杭づくりのため樹皮を剥ぐ作業。マウスを写真の上におくと、焼き杉加工の様子が見られる。

佐藤先生に樹木の説明を聞きながら、観察路の樹木に名前プレートを取り付ける作業をしている様子。

午後からは保全活動の活動報告と本講座の感想を一人一人述べた。マウスを写真の上におくと報告書が見られる。

現地では、受講生が名前プレートを取り付けた樹木の説明を行った。

実習地に看板をたてる作業の様子。

看板が倒れないように、しっかりとたてる。マウスを写真の上におくと全員の集合写真が見られる。

保全活動の発表を終えて講師から講評があった。これで今期の講座はすべて終了した。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然