第16期秋冬コース開講式・第1回講座 自然とふれあう

HOME » 講座・講習会 » 自然環境市民大学 » 第16期 講座アルバム » 第16期秋冬コース開講式・第1回講座 自然とふれあう

第16期秋冬コース開講式・第1回講座 「自然とふれあう」 (2018.10.3)

講座内容

・秋冬コース開講式

・第1回講座 自然とふれあう 五感を活かした自然観察

第1回講座講師 木村 進(大阪府立泉北高等学校教諭・大阪自然環境保全協会 理事) 
場所 開講式:大阪歴史博物館 第1回講座:大阪城公園

最初に高田代表より、「保全活動をするには、まず、生き物を知る事が必要で、その為にこの講座が始まった」との挨拶があった。

佐藤代表講師からは、秋冬コースのカリキュラムと受講にあたっての注意についての説明があった。

次に受講生一人一人、受講の動機等、自己紹介を行った。

開講式の後、大阪城公園に移動して記念撮影。

午後からは「今日は五感を生かして植物を観察しましょう!」と木村先生の講義開始。マウスを写真の上に置くと、目の前に落ちていたギンナンが見られる。

ツユクサは花粉を出す本当の雄しべと花粉のない仮の雄しべがある事を教わった。マウスを写真の上に置くと、葉や茎の匂いから名前が付いたヘクソカズラが見られる。

途中で先生が持参された植物の説明があった。マウスを写真の上に置くと、甘い香りのする葛の花が見られる。

春にカンサイタンポポがたくさん咲いていたところで、受講生が種子から発芽したばかりのカンサイタンポポ(実生)を見つけた。

最後に班会議で今日の感想等を話しあって、第1回の講座を終了した。
ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然