堺第7-3区「共生の森」 自然創出活動

HOME » 自然保護運動 » 堺7-3区「共生の森」

堺第7-3区「共生の森」

堺7-3区は、昭和49年2月から平成16年3月まで30年間に渡り府内の産業廃棄物を受け入れ埋め立てしてきた大阪府堺臨海部の産業廃棄物埋め立て処分場です。

大阪府では、この産廃処分場である堺7-3区のうち、市民・NPO等の参加のもと森として整備することが位置付けられた100ヘクタールの区域を「共生の森」として整備を進めています。

堺市の埋立地にできた「共生の森」。ネイチャーおおさかでは、「共生の森」の自然創出活動に、開設当初から深くかかわっています。
最新の情報は、人材協力・連携のページの共生の森づくりをご覧ください。



ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然