歌垣SATOYAMA楽舎

移住と設立

 荒れる里山を憂えて保全協会主催の市民大学講座を受講したのは2011年、それからじっくり温めた移住の夢が2017年秋に実現しました。東能勢の歌垣山の麓にある200年を経た古民家です。能勢街道に面した立地で西へなだらかな田んぼが見渡せます。保全協会の拠点として、里へ人を呼び、里山の現実と向きあい、できることから始める。圧倒的な里山の自然をめいっぱい感じて、味わって、浸る。ここでしかできない事をやってみる。少しづつ人が集まり、いろいろな保全活動が進み始めています。

       

活動として

 2018年はクリ園の再生として早春の苗木の植樹に始まり、夏にはシカ除けネット張りや下草刈に汗を流しました。また台風の後、倒木等被害の大きかったクリ園から整備の依頼があり、これもみんなの力で作業を行いました。同時に歌垣では大阪府立大学上田昇平先生主導のキマダラルリツバメ(大阪府絶滅危惧1類)生息地調査が始まっており、楽舎は調査のための拠点となりました。蝶の生息環境保全のためにもこの生息地ではクリ園再生が必要です。今後は「歌垣銀寄栗の森」として、大阪みどりのトラスト協会と協働で取り組む事になりました。能勢は高齢化などにより手入れの行き届かないクリ園が多くあり、銀寄栗の将来が危ぶまれています。ここ歌垣から少しずつ活動が広がればと思っています。

     

毎月の楽舎の活動報告は ↓ クリックするとみることができます。

2018年10月2018年11月

活動日  毎月第3土曜日(月によって変わることがあります) 詳しくはこちらから → 自然保護イベント案内

参加費  個人受付300円/1名

場 所  歌垣SATOYAMA楽舎 豊能郡能勢町倉垣466 

作業地  小早川クリ園、中川クリ園、歌垣銀寄栗の森、ありがとう農園

連絡先  歌垣SATOYAMA楽舎代表 湯浅淳子(携帯 090-8658-3390)

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然