おおさかの生きもの みんなで発見MAP!鳥のなかま

おおさかの生きもの みんなで発見MAP! 鳥のなかま

 鳥の仲間は、季節によって見られる種類が違うことが特徴です。これは、春に渡ってきて繁殖するもの(夏鳥)、冬越しに来るもの(冬鳥)、冬に山から下りてくるもの、渡りの途中に立ち寄るだけのもの(旅鳥)、通年見かけるもの(留鳥)など、様々だからです。時間や潮目によってもいる場所を変える鳥もいます。また、食べ物や生き方が違うので、水辺や森、草地など環境によって見られる鳥が異なります。
特定の場所にしかいない、数の少ない鳥もいますが、季節や環境が合えば、どこにでも見かける種類も多いので、ぜひ、お近くの場所でどんな鳥がいるか探しに行きましょう!
 一度見かけたら、どんな声だったかを聞いておくと、次に探す時に役立ちます。そして、どんな行動をしているか、見ていくとだんだん面白くなるでしょう。

1. オオタカ

(photo by 横田 靖)

カラスくらいの大きさの留鳥です。丘陵から山地で子育てをします。秋から冬は都市公園でも見られることもあります。

2. アオバズク

(photo by 南光 優 )

フクロウの仲間で、夏に日本に来て子育てをします。ハトくらいの大きさで、主に昆虫を食べます。夜行性でホー、ホーと2回ずつ続けての繰り返しで鳴きます。

3. カワセミ

(photo by 南光 優)

水辺で見られる、スズメくらいの大きさの留鳥です。魚が好物で、飛び込むようにして魚を捕ります。土崖に穴を開け巣を作ります。

4. コゲラ

(photo by 横田 靖)

キツツキの仲間で、スズメぐらいの大きさの留鳥です。山地から林にすみますが、最近市街地にも進出しています。冬には他の小鳥類と一緒にいることも多いです。

5. オオルリ

(photo by 横田 靖)

山地に来る夏鳥で、沢沿いで子育てします。オスは木の頂上近くでさえずります。メスは目立たない色をしています。

6. ツバメ

(photo by 上田 万吉)

春、日本に来て、軒下に泥などを使った巣を作ります。飛び回りながら昆虫を捕まえるのが特徴です。8~9月にはアシ原などに集まった後に、渡ってゆきます。

7. ウグイス

(photo by 横田 靖)

主に昆虫を食べる留鳥です。丘陵から山地の笹のあるところで繁殖します。冬は都市公園でも見かけます。

8.. カルガモ

(photo by 上田 万吉)

多くのカモ類は、冬鳥ですが、このカモは、一年中池や川で見られます。雑食で、初夏にはヒナをつれている姿も見られます。オスメスは同じ様な色合いをしてます。

9. イソシギ

(photo by 横田 靖)

シギやチドリの仲間の多くは、春秋の渡り時期にしか見られませんが、イソシギは留鳥です。海浜・川・沼周辺にで広く見られます。

どのくらいの種類の鳥がいるの?

季節や環境によって違いますので一概には言えませんが、観察会や探鳥会行われるフィールドでその日に出会えるのは、数種類から、30種類程度です。通年では、多いところで100種類ぐらいが記録されるので、そのくらいが大阪で普通に出会えるとは思います。なお、日本全体では600種以上の鳥類の記録があり、大阪府では約半数強の記録があります(日本野鳥の会大阪支部のウェブページより)。
 春・秋の渡りの時期には、普段出会えない鳥にも出会えます。特に早朝の都市公園や干潮時の干潟などがお勧めです。
 外来種や(飼い鳥の)野生化が次第に問題視去れ始めています。たとえば、古くから知られているドバトの他、ソウシチョウが最近増えているようです。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然