草地生態系保全シンポジウム

HOME » 調査研究活動 » 草地生態系研究会 » 草地生態系保全シンポジウム

草地生態系保全シンポジウム 開催趣旨

田んぼの畦・河原・葦原・茅場・土提・湿原など
私たちの周りの草地・草原は、かつては人びとの生活とともに維持されてきました。
同時にセッカ・オオヨシキリ・ホオジロやカヤネズミ・バッタなど多くの生き物の住みかにもなっている、生物多様性にとっても大切な場所です。

ところが、大阪では4.1%にまで減少しています。
これら草地・草原を次の世代にどう継承していくか。
経験を交流し、話し合ってみませんか。

 

第3回草地生態系保全シンポジウム  

2016年1月23日(土) 森ノ宮・環境」情報プラザにおいて、第3回・草地生態系シンポジウムが開催されます。

第3回草地生態系保全シンポジウム募集チラシ(PDF)

これまでのシンポジウム

第2回 草地生態系保全シンポジウム

第2回草地生態系保全シンポジウム募集チラシ(PDF)

   記念講演 その1 その2
   基調報告「大阪の草地の現状と課題」 各地の報告「石川河川公園」
   各地の報告「信太山丘陵」  「鵜殿のヨシ原」
   各地の報告「堺第7-3区共生の森」

第1回 草地生態系保全シンポジウム「草地生態系の保全」

2012年2月に開催したシンポジウム「草地生態系の保全」(「都市と自然」2012年5月号で報告)では、参加者を交えての熱気溢れる意見交換が行われ、失われゆく草地生態系への危機意識と、保全への取り組みの重要性が確認されました。これを受けて、協会内に「草地生態系研究会」が発足しました。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然