おおさかの生きもの みんなで発見MAP!川や海の生きもの

おおさかの生きもの みんなで発見MAP! 川や海の生きもの

53. ハクセンシオマネキ

(photo by 高橋 恵之)

片方のはさみが大きいのはオスだけで、メスは両方とも小さいです。最近では少しずつ生息地が増えてきているそうです。海のふしぎ観察会で観察してみませんか?

54. アオウミウシ

(photo by 田中 広樹)

海の宝石と呼ばれるウミウシも、大阪湾に100種類以上が生息しています。当協会の大阪湾ウミウシ観察会でも生息調査を進めています。

55. アメフラシ

(photo by 田中 広樹)

これもウミウシのなかまというと驚かれる方も多いですが、貝がらが退化した巻き貝の一種です。海草を食べて冬から春にかけて大きくなり、最大では30cmまで成長します。海のふしぎ観察会の春の磯観察では一番人気です。

56. アカクラゲ

(photo by 高橋 恵之)

赤いスジが16本ある美しいクラゲですが、刺胞毒が強く、触ると大変なことになります。見つけても、触らないようにしてくださいね。

57. ウミホタル

(photo by 高橋 恵之)

ウミホタルは砂のすき間にすむ小さな甲殻類で、日が暮れるころにわなを仕掛けて、観察することができます。海のふしぎ観察会で毎年9月に観察会をしています。

58. アマモ

(photo by 北村 拓也 )

アマモは海藻ではなく海草で、海の中で花が咲き、実がなり、種を落として増えます。阪南市にはアマモ場が残っており、そこにはたいへん貴重な生きものがたくさん見られます。海のふしぎ観察会では、2014年から、阪南市のアマモ場での調査をしています。

59. アユ

(photo by 横山 達也)

清流にすむ魚のイメージが強いですが、淀川にも大和川にも、たくさん生息しています。大和川では近年産卵も見られるようになり、増加傾向にあります。アユが遡上できるような魚道の整備が求められています。

60. クロダイ

(photo by 高橋 恵之)

関西では「チヌ」と呼ばれます。大阪湾は古くから「茅渟の海」と呼ばれていますので、クロダイは大阪湾を代表する魚であるといえます。

61. アカテガニ

(photo by 田中 広樹)

幼生は海で育ちますが、稚ガニのときに陸にあがります。海沿いの林などに巣穴を掘ってすんでいます。さるかに合戦で活躍したのはアカテガニだと言われています。

62.イタセンパラ

(photo by 横山 達也 )

淀川に生息する国指定の天然記念物です。二枚貝の体内に産卵します。MAPには写真のみ掲載しています。

海辺の生きものは、幼生期にプランクトンとして流れてくるものが多いので、生息地の環境が復元されれば、意外と早く生きものが復活することがあります。そうして戻ってきた新しい生息地は不安定で、人の関わり方によっては再び絶滅してしまう恐れもあるため、このMAPでは生息地の掲載を控えさせていただいた種もあります。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然