おおさかの生きもの みんなで発見MAP!植物

おおさかの生きもの みんなで発見MAP! 植物

私たちの身の回りにはたくさんの植物があります。

35. ツブラジイ(コジイ)

(photo by 加賀 まゆみ)

冬にも葉をおとさない常緑樹で、社寺林などに多いシイです。葉の裏には金色の細かな毛があります。実は丸くて小さいドングリの仲間で、食べられます。シイの仲間に、もっと長く大きい実をつけるスダジイがあります。

36. コナラ

(photo by 加賀 まゆみ)

ドングリのなる落葉樹です。樹皮がダイナミックな縦縞もようなので、すぐわかります。
大きな丸いドングリのなるクヌギも、同じブナ科コナラ属の落葉樹です。

37. ヤマハゼ

(photo by 加賀 まゆみ )

秋一番に美しい紅葉となる木ですが、ウルシ科で、樹液に触るとかぶれる人もいます。単に落ち葉も拾わないようにしましょう。幹から放射状に鳥の羽のような葉を伸ばしています。

38. コバノミツバツツジ

(photo by 加賀 まゆみ )

春先、葉を出す前に、薄桃色の花をぱっと咲かせます。まだ緑が少ない林を明るくするようなツツジです。

39. カンサイタンポポ

(photo by 加賀 まゆみ)

太陽の照っている間だけ花を開き、どことなく風情のある在来のタンポポです。大阪ではセイヨウタンポポが多くなりましたが、里山地区にはまだカンサイタンポポが花を咲かせています。

40. ヨシ

(photo by 畠 佐代子)

河川敷の生態系をつくる植物「葦」です。昔から人はいろいろなものに、葦を利用してきました。淀川鵜殿のヨシは、雅楽の篳篥(ひちりき)の部品の材料として、大変貴重です。

41. ヤブコウジ

(photo by 加賀 まゆみ )

冬に赤い実をつける常緑低木です。小さいので、千両、万両などと比較され、「十両」と呼ばれています。

42. ササユリ

(photo by 古川 末広 )

6月頃、特有の大変良い香りを放って咲いています。大型のユリで、姿も美しいことから、山で存在がすぐわかり、咲くと捕られてしまうことも多く、各地で保護増殖されています。箕面市や泉佐野市が「市の花」としています。

43. ホタルブクロ

(photo by 武田 義明)

6月頃、特有の大変良い香りを放って咲いています。大型のユリで、姿も美しいことから、山で存在がすぐわかり、咲くと捕られてしまうことも多く、各地で保護増殖がさかんです。箕面市や泉佐野市が「市の花」としています。

44. リンドウ

(photo by 西村 寿雄 )

秋に、水田や池のふちで咲きます。残念ながら、大阪では絶滅危惧Ⅱ種となってしまいました。リンドウの生育できる環境が減ったことや、一部愛好家や業者による盗掘も一因です。

45. ウメノキゴケ

(photo by 加賀 まゆみ)

ウメやサクラの樹皮につく地衣類です。空気のきれいなところに多く見られるので、大気汚染のバロメーターと言われています。

46. ハマボウフウ

(photo by 田中 広樹)

砂浜で初夏に咲く多年草です。昔から山菜として、民間処方薬・漢方薬の材料として、重宝がられましたが、近年砂浜の減少とともに、大変数が減ってきています。

47. ギンリョウソウ

(photo by 高橋 恵之)

梅雨時にでてくる、葉緑素をもたない腐生植物。きのこのように思われたのか、別名「ユウレイタケ」 秋にでてくる「ギンリョウソウモドキ」は、「アキノギンリョウソウ」ともいわれます。

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然