海の観察会 甲子園浜 観察会写真集

HOME » 自然観察会 » 観察会グループ » 海のふしぎ観察会 » 甲子園浜・観察会写真集

奇跡的に守られた生き物たちのオアシス

甲子園浜は、大阪湾の奥に奇跡的に残された干潟で、国の鳥獣保護区に指定されています。ここは地元の皆さんの努力によって保全された、とても貴重な自然環境が残されています。5月中は、渡り鳥の飛来のため東側エリアには立ち入りできませんが、西側エリアで生き物の観察を行います。


潮が引いた時の甲子園浜はこんな感じです。大潮のときはもっと引きます。


沖に沖に見えるのは阪神高速道路。その手前に岩が並んで見えるのは、昔の滑走路の跡だそうです。


長靴をはいて、海辺の生き物を探してみましょう。


いろいろな生き物が集まりました。トレーに入れて、見せあいっこをします。


クラゲを集めてみました。素手で触ると刺されるので注意しましょう。


モクズガニを発見。川を下ってきたのでしょうか。タカノケフサイソガニもたくさんいます。


ここは昔、水族館があったところ。当時の建物の土台が残っているのです。


沖から陸側を見たところ。けっこう遠浅です。


こちらはウミニナのなかまの巻き貝です。ヤドカリもいっぱいいます。


なんとアユを発見。なぜだか、すでに死んでしまっていましたが。


双眼鏡でバードウォッチングも体験してみましょう。どんな渡り鳥が見られるかな。


テトラポッドも砂に埋もれてこんな原っぱに。青い柵から東側は渡り鳥保護のための立ち入り禁止区域です。貴重な海岸植物もいっぱいあります。

(文と写真:田中広樹)

海のふしぎ観察会のページへ戻る

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然