海のふしぎ観察会

HOME » 自然観察会 » 観察会グループ » 海のふしぎ観察会



もう大阪には「自然の海はない」と思っている人も
多いのではないでしょうか?

「海のふしぎ観察会」は、大阪湾周辺の海辺で、いろいろな海の生き物を観察してふれあい、海の生き物のおもしろさ、すばらしさ、尊さを伝え、海を大切にする気持ちを育むプログラムです。

1996年から、岬町長松海岸、和歌山市加太海岸などでの磯あそび、貝塚市二色浜などでの干潟あそびやカニつり、微小貝での万華鏡づくりなど、どなたでも参加できる自然観察会を毎年開催しています。ボランティアスタッフも随時募集中です。 

    

こちらの入力フォームからもお申込みいただけます。

写真集

長松海岸・磯遊び写真集 

甲子園浜・観察会写真集

年間の予定

春の磯あそび in 加太 「さがそう!海のたからもの」

大阪湾の入り口にあたる加太・城ヶ崎の磯は不思議な生き物たちでいっぱい。磯には海藻が生い茂り、アメフラシ、イソギンチャク、ヤドカリ、ウミウシ、ヒトデ、ウニ、ナマコ、タコなど、たくさんの生き物たちとたっぷりふれあい、楽しむことができます。

2014/3/29 2015/3/22 2016/10/2 2017/4/1 2018/4/1

 

ハクセンシオマネキ

男里川河口干潟での自然観察会

大阪で一番大きな干潟である男里川の河口は、希少生物の宝庫。潮がひいた干潟には無数の穴があいていて、じーっと待っていると数えきれないカニの大群が出てきます。巨大なハサミのシオマネキは必見です。

2012/5/19 2013/10/19 2014/10/11 2015/10/11 2016/10/29 2017/4/29

 

大阪湾生き物一斉調査・生命のゆりかごアマモ場を見よう in 尾崎海岸

アマモが生い茂る「アマモ場」は、多様な生き物たちの宝庫。昔の大阪の海岸は、白砂青松の砂浜が広がり、海の中にはアマモ場が広がっていました。わずかに残されたアマモ場で、たくさんのふしぎな生き物たちを観察してみましょう。

2014/6/15 2015/6/13 2016/6/4 2017/5/27 2018/6/16

大阪湾生き物一斉調査についてはこちら。

アオウミウシ磯あそび in 長松海岸 「さがそう!海のたからもの」

潮がひいた磯に隠れている驚くほど多様な生き物たち。探して、見つけて、よく見てみよう。カニ、ヤドカリ、イソギンチャク、アメフラシ、ウミウシ、ヒトデ、ウニ、ナマコ、タコ…。いろんな貝や魚や海藻も見られます。

2013/4/28 2014/4/29 2015/4/19 2016/5/8 2017/6/24 2018/4/30

長松海岸の磯あそび写真集はこちら

大阪湾シュノーケリング体験 in せんなん里海公園

 「海の中の生き物を見てみよう」

シュノーケリングは潜水ではありません。足のつくところで、息をしながら水中の生き物観察を楽しみましょう。プロのダイバーが手伝ってくれるので、安心して楽しめます。大阪湾は汚れていると思い込んでいるみなさん、びっくりしますよ。

2012/7/21 20137/27 2014/7/27 2015/8/9 2016/8/6 2017/7/29 2018/7/29

2014年7月13日の水中映像はこちら。

カニつり

川と干潟あそび in 近木川 「楽しいカニつり」

ハマガニ、アシハラガニ、クロベンケイガニ、ハクセンシオマネキ、ケフサイソガニ、ヒライソガニ…この中で、釣れるのはどれでしょう?エサは何でしょう?環境によってすみわける様々なカニを観察します。 

2012/6/17 2013/6/22 2014/9/7 2016/7/3 2017/9/18 2018/9/22

 

ウミホタル

夜の海でウミホタルを観察しよう in せんなん里海公園

ウミホタルは夜光虫ではありません。ミジンコの仲間で、青く光る液体を出しながら泳ぎます。幻想的な美しさは、言葉では言い表せません。採集道具を参加者自身で作り、日没直後に採集して観察します。ホタル以上の美しさというウワサです。

2012/9/22 2013/9/21 2014/9/20 2015/9/12 2016/9/18 2017/10/14 2018/10/27

2013年9月14日毎日新聞夕刊にて紹介していただきました(PDF8.5MB)。

以下のプログラムにつきましては、今年度は予定していません。

干潟でさんぽ in 甲子園浜

甲子園浜は、都会に近い干潟が地元の方々の長年の努力によって奇跡的に残され、国の鳥獣保護区に指定されています。潮が引いた干潟で生き物を探したり、野鳥や海岸植物の観察を楽しみます。

2013/5/25 2014/5/17

甲子園浜の観察会写真集はこちら

大阪湾生き物一斉調査・東川河口干潟観察会

大阪府最南端・岬町の豊国崎から東川河口は、とても豊かな自然が残る地域です。大阪湾全域で一斉に開催される生き物一斉調査をしながら、多様な海の生きものたちとのふれあいを楽しみます。どんな生きものたちと出会えるでしょうか。

2012/6/7 2013/6/8 2014/6/1 2015/5/30 

 

チリメンモンスターをさがせ

室内プログラム「チリメンモンスターをさがせ」

チリメンジャコの中に混ざったいろいろな魚やカニたちの赤ちゃんを探して、見つけて、見せあって、自分だけの大阪湾を作ります。大人もこどもも一緒に楽しめます。2012年5月26日 

2012年8月27日 

2013年8月10日


現在このプログラムは、チリモン自然観察会として実施しています。

ビーチコーミング in 尾崎海岸

2012年10月28日 

2012年12月15日 

2013年11月30日 

2014年11月1日 

2015年11月8日 

現在このプログラムは微小貝プロジェクトとして実施しています。

大阪湾にもたくさんの貝がらが落ちている海岸があります。とにかく拾って貝がら比べ。7つの浜をめぐります。あなたの「貝がら拾いの達人度」は? さらに拾った貝がらを材料に、観察したり、調べたり、工作したりして遊びます。1歳から100歳まで楽しめます。

ふしぎな海の森へようこそ~海藻おしばで海藻の大切な役割を学ぼう~

2013年2月24日 

2013年8月10日 

海藻ははるか昔の海で生まれ、地球の環境にとってとても大きな役割を果たしてきました。今も私たちの生活に欠かせない海藻について、「海藻おしば」や「ミニチュア海の森づくり」の実習を通じて、楽しく学びましょう。緑、赤、茶色の3つの色の海藻から作られた食べ物の味比べもできる室内プログラムです。

大阪湾フォーラム(2014.3.2) 出展ポスター

観察会の雰囲気

楽しい磯浜での観察会。大阪湾の南端で。

海と陸とのつながりを味わおう 

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然